教育制度・キャリア支援

先生たちの成長を応援します!

青山学園では、先生たちにも学びの機会を多く設けており、 子どもたちを育てる「先生たち自身」も皆で成長し 高みを目指していけるような環境を整えています。

青山学園の教育制度

様々な研修に参加して
先生たちもレベルアップ!

青山学園では、外部講師を招いて、先生たちへの研修を行っています。
プログラムは毎年異なり、内容もさまざま。年に6回程度で、実技研修と座学の両方をバランスよく取り入れています。

例えば、このような研修に
参加しています(2017年の例)

  • 体罰と懲戒の違い

    (座学)

    顧問弁護士の先生を招いて、教育での子どもに対する体罰と懲戒の違い(法的な解釈)について研修をしていただきました。

  • ダンス研修

    (実技研修)

    運動会や生活発表会などでのダンスの振付は先生たちが考えるため、舞台映えする動きやどうしたら全員が揃うかなど、外部講師を招いてダンスの基本を学びます。

  • エンパワーメント研修

    (座学)

    自分の能力を発揮して生きていけるようになるために、自己理解を深めるための研修です。

  • ビジョン研修

    (座学)

    学園が目指す目標(ビジョン)を職員全員で深く理解するための研修です。学園内で方針作成委員会を立ち上げ、ビジョンの作り込みや共有の仕方を考えて、全職員が同じ目標に向かって進んでいきます。

  • 園サウンド作成研修

    (座学)

    プロのコーディネーターが職員の想いを歌詞にして、歌詞に合わせて作曲。最後はPV映像の撮影をレコーディングを行います。(7か月かけて制作)

  • 幹部研修

    (座学)

    管理者に求められる資質や、部下への指導の仕方、組織内でのコミュニケーションのあり方、チームワークなどを学びます。

  • 衣装作成研修

    (実技研修)

    生活発表会などの行事で使用する衣装は、すべて先生たちが手作りします。裁縫の技術やミシンの使い方、デザインの基礎などを身につけます。

  • ペップトーク研修

    (座学)

    子どもたちに勇気を与え、やる気を引き出す声のかけ方やコミュニケーションの方法を学びます。

キャリアプラン

実力に応じて正しく評価。

青山学園の職員は、入社してすぐにクラス担任をする先生も多くいます。現場で活躍しながら学びを深め、実力に応じて正しく評価されます。
また、女性が多い職場ですので、結婚や出産を機に退職・休職した場合でも復帰しやすい環境を整えています。

  • 1〜4年

    先輩にアドバイスを受けながら、一通りの業務や教育の基礎を身につけ、実行します。
  • 5〜10年

    後輩の育成やフォローをしつつ、自らも第一線で活躍します。
  • 10〜20年

    先生たちを支援しつつ、園の運営を行います。